通信制高校おすすめ10選を比較!進学・専門分野を幅広く選べるものを厳選

通信制高校おすすめ10選を比較!進学・専門分野を幅広く選べるものを厳選

高校に行く人が多いこの現代、高校卒業というのは当たり前になりつつあります。

しかし、全員の子どもが高校へ行けるのかと言うと、そういうわけではありません。

様々な理由で高校へ行けないという子も多いなか、行けない子どもたちを救ったのは『通信制高校』でした。

そこで、通信制高校を知らないという人や、通信制高校を考えているけれど情報がないという人に向けて

  • 通信制高校の仕組みや制度
  • 特徴別に通信制高校の紹介
  • おすすめの通信制高校

    についてまとめました。

    これからどの高校に行こうか悩んでいる人や、子どものために通信制高校を考えている人はぜひ参考にしてください。

    目次

    通信制高校はどういうところ?

    現在、高校と言っても全日制の高校や定時制の高校など様々な通い方があります。

    通信制も学校教育法により高等学校と定められており、学年制で進むのではなく、『単位制』で高校を進むことが多くあります。

    そのため、必要な単位数をこなし、レポートの提出やスクーリング、認定試験など全日制とは多少異なる部分がいくつか出てくるでしょう。

    在宅学習が主になるので、自分の家で自分が希望した通りの学習ができます。

    通学を苦手とする人や、他にやりたいことがあるという人には無理なく単位を取ることができます。

    自宅学習ということに人との関わりを持たなくなるのではと不安に感じる人もいますが、スクーリングなどで、学校へ行くこともあるので先生や生徒との交流も図れます。

    制度について

    通信高校の場合も全日制同様3年以上の在籍期間を必要としています。

    通信制高校は単位制・2学期制のどちらかを採用している学校が多く、入学も4月と10月に行われます。

    単位に関しては74単位以上、特別活動30単位以上を必要としており、この特別活動というのは、ホームルーム活動や学校行事、生徒会活動などになります。

    これに関しては学校によって様々異なるので、希望の通信制高校で確認してみると良いでしょう。

    主に学習内容は

    • 教材などを使用した学習
    • レポートの作成、提出
    • スクーリング
    • テスト

    となります。

    こちらも通信制高校やコースによっては大きく異なるので、確認するようにしてください。

    公立と私立どっちが良いか

    公立の場合は、中学校を卒業の学力を持っているということ前提で学習も進められます。

    また、登校日数も私立に比べて多く、勉強のつまずきなども自分で解決できる力が求められるでしょう。

    しかし、費用の面では公立の方が安く、見学旅行や文化祭や部活動など学生らしく生徒同士の触れ合う行事もあり、このような行事もスクーリングとしての単位として認められるので苦痛もないでしょう。

    私立の場合は中学時代に躓き、学習が苦手だという人や交流に不安があるという人に向いています。

    学習方法もインターネットを通じて行うので、登校頻度もあまりありません。

    また資格の取得も可能なので、目指したい専門職であったり、大学への進学もでき、望む夢へと進むことができるでしょう。

    学費について

    学費は公立と私立で大きく異なります。公立の場合

    • 1単位授業料 336円
    • 入学金 500円

    などになるので、経費などを含めてもおおよそ3~4万円ほどとなり、かなり安く済みます。

    私立の場合には多少高くなり、1単位あたり受講料 約5,000円~12,000円ほどとなります。

    受講料以外に必要な経費を含めると年間の学費は30~100万円程になります。

    目的別に選ぶ通信制高校

    では、公立と私立を含めてどのように通信制高校を選択すると良いのでしょうか。

    通信制高校を選ぶ上で最も重要なことは『目的』です。

    目的を持つことでどのような高校を選択するべきなのかということが分かるでしょう。

    では、どのような目的を持つことでどのような高校が選択肢に上がるのでしょうか。

    一部例にはなりますが、目的別にどのような通信制高校があるのか紹介していきましょう。ぜひ参考にしてください。

    進学を目指す

    進学を望む人は多くいます。中学から高校、大学へと進み、自分の道を見つけたいという人や、学歴を上げていきたい、学力をつけたいと思う人は特に進学を望むでしょう。

    進学できる通信制高校は多くありますが、どの高校が自分に合うのかなどは分かりません。

    そこで、どのような学校があるのか、進学を希望し、楽しく通える通信高校を3つ紹介していきましょう。

    クラーク記念国際高等学校

    クラーク記念国際高等学校は通信制高校で一番人気のある高校になり、多くの学生がこのクラーク記念国際高等学校を選択します。

    この学校では、

    • 全日型コース
    • フレックス学習コース
    • 単位制コース

    になっており、自分に合う形で学習することができます。

    進学を主としているので、自分の希望する大学へ進学するために多くの学生が学び、実績を残している進学に特化した通信制高校と言えるでしょう。

    ※ランキングにて詳細がありますので、そちらを参照ください。

    ルネサンス高等学校

    ルネサンス高等学校は生徒一人一人のペースに合わせて進学サポートと就職サポートを行っており、進学サポートとしては面接の指導はもちろん受験勉強の進め方、模試の案内などを行ってくれます。

    進学した生徒の中には、慶應義塾大学や早稲田大学などとても幅広く進む実績を残しているので、自分の頑張りや周囲のサポート次第では有名な大学への進学も可能でしょう。

    授業は主に動画を見ながら行うので、自分のペースで出来る時間にすることもでき、他にもやりたいことがあれば、そちらを優先しつつできるので楽しく学習も進むのではないでしょうか。

    ※ランキングにて詳細がありますので、そちらを参照ください。

    第一学院高等学校

    第一学院高等学校は通学型と通信型、高認科目履修コースがあり、自宅近くのキャンパスへ通う方法と、自分のライフスタイルに合わせて学習する方法、高卒認定試験合格を目指すコースがあります。

    進路実績としては、進学、就職など様々な道に進むことができ、進学した人には京都大学や早稲田大学など様々な所へ進んでいます。

    本人のやる気にもよりますが、しっかりと学ぶ意思を持ち努力することで可能となるでしょう。

    他にも、

    • 芸能コース
    • スポーツコース
    • eスポーツコース
    • 美容コース
    • ペットコース

    など、様々なコースがあるので、これから特殊な資格を得たい、夢を叶えたいという人にも第一学院高等学校はおすすめです。

    ※ランキングにて詳細がありますので、そちらを参照ください。

    サポート体制がある

    学校へ通う上で、重視したいことはサポート体制です。

    サポート体制があるかないかでも通信制高校への通学というのは厳しいものになってきます。

    サポート体制と一言でお伝えしたとしても、どのようなサポートがあるのか気になるでしょう。

    通信制高校でのサポートというのは、進学はもちろん、就職に関するサポートや、勉学のサポートなど、様々な観点から見ていく必要があります。

    サポート体制があることで、通信制高校に通う親はもちろん、通う本人も得られる安心感が出てくるでしょう。

    では、通信制高校の中でサポートが充実している学校はどこなのでしょうか。

    興学社高等学院

    興学社高等学院は学校に楽しく通うことができなかった人や、勉強が苦手という人、自分で好きな授業を選びたいという人に特化した学校になります。

    サポート校としても知られており、生徒が何事もなく3年間通うことができるよう、単位取得、進級など学業において支援を行っているところになります。

    もちろん、学業面だけではなくプライベートな相談にものってくれるなど、サポート校としてとことん努めてくれるので、学校に対して不安を感じている人でも楽しく通うことができるでしょう。

    何か少しでも不安なことがある際には、ぜひサポート校でもある興学社高等学院をおすすめします。

    コース ・総合進学科

    ・リベラルアーツ科

    費用 ・入学金 100,000

    ・施設設備 80,000

    ・年間学費 950,000

    学習方法 ・全日制

    ・定時制

    ・通信制

    TEL 047-309-8181
    サイトURL https://highschool.kohgakusha.com/

    中央高等学院

    中央高等学院の教育理念は『社会で生き抜く力を身につけてほしい。そして社会に巣立ってほしい』となっています。

    社会で生き抜くというのは簡単なことではありません。何度か挫折しそうになった時や何かに躓いて悩んだ時にどう切り抜くかということが重要でしょう。

    そのような力を身につけられるかどうかというのは、子どもの時の教えや経験が活かされる時もあります。

    中央高等学院ではそのような力を身につけるためにはどうしたら良いのかというサポートをしてくれるので、落ち着いて進学はもちろん、就職を希望する人にもサポートをしてくれるでしょう。

    また学業で躓いている所があれば、それが小学生の時に学ぶことだったとしてもそれをスタートとして親身に教えてくれます。

    学業はもちろん、精神面でのサポートも徹底してくれるので通学中も不安なことはないでしょう。

    コース ・通信制高校サポートコース

    ・高卒認定試験コース

    ・大学入試コース

    ・ライフサポートコース

    ・介護福祉就職コース

    <中央アートアカデミーコース>

    ・ネイル&ビューティーコース

    ・マンガ&イラストコース

    ・国際コミュニケーションコース

    ・ビオム サッカーコース

    ・ビオムなでしこサッカーコース

    ・ゲーム&アプリコース

    費用(一部例) <通信高校サポート>

    ・入学金 20,000

    ・教育畝意、施設費 30,000

    ・諸経費 100,000

    ・授業料 250,000

    合計:400,000

     

    詳細はパンフレットの請求、直接確認をすることをおすすめします

    学習方法 1日~2日通学制

    ※コースで異なります

    TEL 0120-89-1146
    サイトURL https://chuos.com/

    第一学院高等学校

    第一学院高等学校は、1対1の教育を行っており、一人一人と向き合い、個性を育てつつプラス思考を持てる教育をベースとしています。

    また、『成長実感型』という教育活動を行っており、社会の中で良い人生を歩んでいくために自分の好きなことをして、自分と向き合っていくために生徒と学校だけではなく、保護者も一体となるよう取り組みをしています。

    その結果から、学校が楽しいと思えるようになった人や、将来の自分を見つけることができたなど、生徒にとってプラスになっていることも事実です。

    このように、生徒が将来を歩んでいく中で幸せな道を見つけられるようサポートをしているので、保護者から見ても、生徒自身もとても良い学校になるでしょう。

    ※ランキングにて詳細がありますので、そちらを参照ください。

    トライ式高等学院

    トライ式高等学院は、あのCMでも有名な『家庭教師トライ』が作り上げた通信制高校になります。

    家庭教師トライで多くの子どもたちと接してきた所だからこそ、必要なサポートを理解しているでしょう。

    トライ式高等学院は進学や専門学校や就職を目指す人を募集しており、マンツーマンの指導ノウハウを活かしつつ、無理のないカリキュラムを組むようにしています。

    ライフスタイルや性格、学力は人それぞれ違うため、それに合わせた目標設定を行っており、担任がとことん考慮した後にオリジナルの計画を立ててくれます。

    無理なく、楽しく勉強できるようサポートをしてくれるのは、家庭教師トライのノウハウを活かせているからでしょう。

    コース ・普通科

    ・特進科

    費用 ・入学金 103,000

    ・授業料 811,900

    ・通信費高校費 199,000

    学習方法 ・キャンパス通学型

    ・自宅型

    TEL 0120-919-439
    サイトURL https://www.try-gakuin.com/blog/

    専門分野を学ぶ

    通信制高校の場合は専門分野に特化しており、自分の学びたいこと、目指したいことなどにとことん取り組むことができます。

    そのため、高校から自分のやりたいことを追求したい、何かを始めたいという人は専門性のある通信制高校や専門学校などを選択することがあります。

    しかし、通信制高校でも多くの学校が専門を取り扱っているのでどこの通信制高校が良いのか悩む人もいるでしょう。

    そこで、専門のコースが入っている通信制高校でどこが良いのか2つ紹介していきます。

    KTCおおぞら高等学院

    KTCおおぞら高等学院、好きなことを見つける、楽しい夢を描き叶えるために一つの架け橋として提供している学校になります。

    資格や検定の取得はもちろん、自分が興味のあることや、挑戦してみたいことをレッスンを通して見つけ、叶えられるようサポートをしている学校です。

    保育士や福祉関係の仕事はもちろん、興味から始まる夢も応援しています。

    マンガやイラストに関しては、初心者から本気でプロを目指したいという人にも、それぞれのレベルに応じて教えてくれるので、今から始めたいという人も決して遅くはありません。

    他にも、ネイルサロンを職にしたいという人や建築関係の仕事に就きたいという場合にもそのようなコースを準備しているので、夢を叶えることができるでしょう。

    コース ・普通科

    ・特進科

    費用 ・入学金 103,000

    ・授業料 811,900

    ・通信費高校費 199,000

    学習方法 ・キャンパス通学型

    ・自宅型

    TEL 0120-919-439
    サイトURL https://www.try-gakuin.com/blog/

    天王寺学館高校

    天王寺学館高校は、他の専門分野を扱う通信制高校と比べると、少し異なります。

    専門分野と言っても、取り扱っているものは学業に関するものです。

    そして、そのコースによって通信部か通学部のどちらかが決まります。

    外国語系や異文化系を取り扱う国際コースや、アートを極める芸術コースの場合は通信部で可能ですが、文系や理系の場合には通学部になります。

    そのため、他の通信性高校のような芸能やイラスト、スポーツというよりも英語や芸術などになるので、選ぶ際には注意しましょう。

    コース <通信部>

    ・総合教養コース

    ・国際教養コース

    ・芸術情報コース

    ・視聴メディアコース

    <通学部>

    ・文理進学特進コース

    ・文理学総合コース

    ・文系進学総合コース

    ・理系進学総合コース

    ・基礎総合コース

    ・芸術系進学総合コース

    費用 ・入学金 50,000

    ・授業料 8,500

    ・施設費 40,000

    学習方法 ・通信制→午前3日、在宅学習

    ・通学生→5日制、4日制、3日制(選択)

    ※コースで異なります

    TEL 06-6795-1860
    サイトURL https://tg-group.ac.jp/

    安心感を得たい

    学校に通う上で安心感というものは大切です。

    もちろん学校面や精神面のサポートに関する安心感も必要ですが、そのような『安心感』ではなく将来を見つけられるよう、夢を追えるような安心感も必要です。

    では、そのような安心感を与えてくれる通信制高校とはどのような所があるのでしょうか。

    将来を見て何を極めたいか、資格はもちろん進学などに関しての安心感を得られる通信制高校を紹介していきましょう。

    一ツ葉高等学校

    一ツ葉高等学校は、

    • ソーシャルスキル科目
    • 大学進学指導、進路指導
    • 検定、資格の取得
    • 本格的な英語教育

    という4つの特徴を持つ学校になります。

    ソーシャルスキル科目というのは、対人関係に関することを学ぶものです。現在コミュニケーションを苦手とする人が増えてきています。

    コミュニケーションは社会で必ず必要となり、対人関係を円滑に行うためにはどのようなことが必要なのかということを教えてくれます。

    そして、進学を希望する人への大学進学指導、進路指導や、英語を極めたいという人には語学を学び、本格的な英語教育を受けることが可能です。

    また、社会へ出ていく上で検定や資格というのは大いに役に立つ一つのスキルです。

    これを身につけることで、社会的にも強い位置に立つことが可能でしょう。

    このように、社会において必要なスキルを取得できるようとことんサポートをしてくれる学校になるので、将来における安心感はあるでしょう。

    ※ランキングにて詳細がありますので、そちらを参照ください。

    日々輝学園高校

    日々輝学園高校では、個々の生活や学習の状況を把握した上で、それぞれの良さを大切にする教育を持っています。

    一つは『学ぶ力』です。理解力はもちろん、自分のモチベーションを上げるための勉学方法を取り入れており、勉強を嫌いという状態にするのではなく、楽しい、もっと学びたいという意欲をつけさせてくれます。

    もう一つは『心の力』です。日々輝学園高校の約60%が不登校を経験しており、メンタル面を重視した学校となっています。

    スクールカウンセラーを中心とし、学習を無理なく継続できるようサポートをしています。

    そして最後は『社会につながる力』です。社会というのは経験をしなければどのような所なのか把握することはできません。

    そこで、体感学習や単位認定科目として取り入れ、様々な多くの経験が出来るようにサポートをしてくれています。

    コース ・総合クラス

    ・情報コース

    ・アドバンスコース

    ・福祉、保育コース

    ST(セルフトラスト)コース

    費用 表記なし
    学習方法 ・全日制

    ・通信制

    ※コースで異なります

    TEL 0287-41-3851(本校)
    サイトURL http://www.hibiki-gakuen.ed.jp/

    わせがく高等学校

    わせがくは『失敗』という言葉に恐れを抱かないように、もし何かに躓いて失敗をしたとしても『やり直せる学校』となっています。

    わせがくには、何らかの理由で不登校になってしまった人へのフォローをしており、そのうち89%以上の人が改善、全体での卒業率は98%以上と非常に高いことが分かります。

    何かあった時には、教育相談室を設備してあるので、心理士を通して解決・サポートできるよう準備が整っていること、授業に難関さを感じた場合には中学の基礎から学ぶことができるようにしていることなど、様々なサポート体制を取っています。

    また自立した将来を実現できるように一人一人への進路や夢を指導し、支援を行っていることや、検定や資格の取得支援もしています。

    コース 進学コース
    費用 <全日制>

    870,000

    <通学型>

    534,000

    <自学型>

    264,000

    学習方法 ・全日制

    ・通学生(2)

    ・フレックス通学型

    ・自学型

    ・科目履修制度

    TEL 0120-299-323
    サイトURL https://www.wasegaku.ac.jp/

    おすすめ通信制高校ランキング10選!

    通信制高校は序盤にもお伝えしたように、とても数が多く、そこから選ぶにも目的や特徴を理解しなければ難しいでしょう。

    もちろん、キャンパスは全国にあるので、スクーリングを考慮した上で近場の学校を選ぶことも一つです。

    しかし、通信制を選択する人の中には様々な理由を抱えている人もいます。

    そこで色んな理由を抱えつつも通いやすい通信制高校ランキング10選で紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

    1位:クラーク記念国際高等学校

    クラーク記念国際高等学校は学校満足度89.9%と非常に高く、多くの学生がクラーク記念国際高等学校に対して良い印象を受けています。

    クラーク記念国際高等学校は一人ひとりの学力に合わせた学習方法を取り入れ、実践型の国際教育や、短期から長期までのオーストラリア留学など国際的学習も充実しています。

    他にも様々なコースを取り入れており、自分の興味のあることをとことん追求できるので、やりたいことがある人にもおすすめの通信制高校でしょう。

    コース <国際・英語>

    ・インターナショナルコース

    ・海外大学進学コース

    IT・プログラミング>

    ・クリエイティブコース(ゲーム・プログラミング専攻)

    ・クリエイティブコース(AI・ロボット専攻)

    ・情報コミュニケーション

    <ダンス・演劇・音楽>

    ・パフォーマンスコース

    ・演劇表現専攻

    <アート・デザイン>

    ・クリエイティブコース(アート専攻)

    ・クリエイティブコース(デザイン専攻)

    ・美術デザインコース

    <保育・福祉・心理>

    ・スポーツコース(硬式野球部)

    ・スポーツコース(女子硬式野球部)

    ・スポーツコース(フットサル)

    ・スポーツコース(女子バレーボール部)

    ・スポーツ教育専攻/健康スポーツ専攻

    ・スポーツコース(eスポーツ専攻)

    <動物>

    ・ペット生命学科コース

    <サイエンス>

    ・グローバルサイエンス専攻

    <食物>

    ・食物栄養コース

    <難関大学進学>

    ・特別進学コース

    費用 ・入学金 140,000

    ・授業料 448,000

    ・諸経費 300,000

    合計:888,000

    学習方法 ・全日制

    ・週51日通学(単位制)

    ・登校日数自由型(CLARK SMMART)

    ・週21日通学(在宅・ウェブ)

    TEL 0120-833-350
    サイトURL https://www.clark.ed.jp/

    2位:ルネサンス高等学校

    ルネサンス高等学校は進学校でもありますが、高校卒業を目指すカリキュラムに加えて一つダブルスクールコースというものがあり、更に上を目指したい人に向けて提携校として活動もしています。

    進学校とお伝えしましたが、ルネサンス高等学校はそれだけではなく、バレエダンサーになりたい人や、プロゴルファーを目指す人、野球をやりたい人、海外留学希望者などスポーツや他の勉学面でもサポートをしてくれます。

    通学コースの中には今では話題の『eスポーツ』と共に実用レベルの英会話能力やコミュニケーション能力、メンタルの強化を育てる授業も取り入れているので、本気で目指したい人にもおすすめでしょう。

    コース ・通信コース

    ・通学コース

    ・ダブルスクールコース

    費用 ・入学金 50,000

    ・授業料 250,000

    ・教材費 60,000

    ・施設費 20,000

    学習方法 主にネット学習(4日程登校日あり)
    TEL 0120-816-737
    サイトURL https://www.r-ac.jp/

    3位:N高等学校

    N高等学校は、ネットの学校とも言われており、ITとグローバル社会を生き抜く力を身につける学校となっています。

    主体的に行動できるよう育て、学ぶということだけではなく、想像力を鍛えて自由な発想や考えを持つ力を身につけさせてくれます。

    インターネットが当たり前の現代だからこそ、必要な力を身につけ、今後の社会でも適用できる能力を極めてくれる学校になるので、IT関係の仕事に就きたいと望む人にはおすすめでしょう。

    他にも、コミュニケーションを高めるために、チャット形式でのホームルームやネット運動会なども開催されるので、他者との交流も図れます。

    コース ・進学コース

    ・ネット通信コース

    ・オンラインコーチング

    ・オンライン進学コース

    ・通学プログラミングコース

    費用 ・入学金 10,000

    ・授業料 180,000

    ・教材費 13,000

    ・施設費 50,000

    学習方法 ・通学

    ・ネットによるオンライン

    TEL 0120-0252-15
    サイトURL https://nnn.ed.jp/

    4位:一ツ葉高校

    一ツ葉高校も進学を主としている学校になります。

    大学、専門学校へ進学したいと望む人が多く、現在何かに躓いていたとしても、それをフォローしてくれる素晴らしい学校です。

    一ツ葉高校の大学進学実績が優秀で、大学現役合格サポートにより、驚異の88.2%を持続、卒業率は98%と高く、満足度も97%と非常に高い位置にいます。

    前述でも紹介したようにコミュニケーション能力を高める取り組みや、予備校並のサポート、資格や検定の取得にも特化していることから、将来を考えている人にはとても魅力的な学校となるでしょう。

    コース ・進学コース

    ・ネット通信コース

    ・オンラインコーチング

    ・オンライン進学コース

    ・通学プログラミングコース

    費用 ・入学金 10,000

    ・授業料 180,000

    ・教材費 13,000

    ・施設費 50,000

    学習方法 ・通学

    ・ネットによるオンライン

    TEL 0120-0252-15
    サイトURL https://nnn.ed.jp/

    5位:第一学院高校

    第一学院高校は前述で何度か述べたようにサポートに特化した通信制高校です。

    また13のコースがあるので、進学はもちろん、自分の持っている能力を極めたいという人や、これから夢の実現に向かって歩みたいという人にもおすすめでしょう。

    通信コースもありますが、中には通学コースもあり、通学コースでは友達や先生との交流を図りつつ、楽しいキャンパスライフが送れるようフォローをしてくれるので、楽しく通うことができます。

    茨城県や兵庫県を本校に置きつつも都心部を中心に合計で52キャンパス存在しているので、地方から通いたいという人も相談や見学が可能です。

    ぜひ気になる人は一度問い合わせをしてみてください。

    コース ・標準コース

    ・高大一貫コース

    ・特別進学コース

    ・総合コース

    ・特化コース

    ・芸能コース

    ・スポーツコース

    eスポーツコース

    ・美容コース

    ・ペットコース

    ・本校通学コース

    Mobile HighSchoolコース

    費用 記載なし
    学習方法 ・通学コース

    ・通信コース

    TEL 0120-761-080
    サイトURL https://www.daiichigakuin.ed.jp/

    6位:勇志国際高校

    勇志国際高校は、一人一人の趣味、学習スタイルに合わせて授業を行ってくれる学校になります。

    ネットの学校とも言われるため、主に学習方法は自学になり、週に1~5日で自由に日数を選んで通学が可能です。

    勇志国際高校では、『不登校ゼロプロジェクト』というものがあり、

    • 自分の居場所を見つける
    • コミュニケーション能力を高める
    • 仲間を作る
    • 自分の興味があることに打ち込む

    という教育方針のもとでやっているので、通いやすさはあるでしょう。

    授業はマンツーマンの個別授業というわけではなく、ネットを使用していつでもどこでも自分の好きなようにできる取り組みをしているので、自分にあった学習方法も選べます。

    コース ・進学コース

    ・プログラミングコース

    ・芸能コース

    ITビジネスコース

    ・会計ビジネスコース

    ・トップアスリートコース

    ・国際コース

    費用 所得によって変動有り。

    お問い合わせから見積表の作成をしてくれるので確認してみると良いでしょう。

    学習方法 ・通学コース

    ・ネットコース

    TEL 0120-5931-35
    サイトURL https://www.yushi-kokusai.jp/

    7位:ヒューマンキャンパス高等学校

    ヒューマンキャンパス高等学校は下記のように、専門分野に特化した学校になり、自分の興味のあることや、これからやりたいことを実現させてくれる手助けをしてくれます。

    学べる分野は40以上、目指せる職業は100以上ととても幅が広いので、必ず自分のなりたいものに近づくことができるでしょう。

    また、学習センターは40ヶ所以上にあり、自宅近くでサポートを受けられることから、通学に対しての煩わしさも軽減できます。

    まずは、自分の興味のある専門分野はあるか見てみてください。そして、あった際には諦めたり、考えたりするのではなく、まずは挑戦してみましょう。

    コース ・ビューティー、ファッション

    ・声優、K-POP、ミュージック

    ・マンガ、イラスト、アニメ

    ・ゲーム、IT、プログラミング

    ・デザイン、クリエイティブ

    ・スポーツ

    ・ブライダル、ホテル

    ・大学進学、語学、資格

    ・保育、動物、その他

     

    ※各コース内で更に詳しく学科が分かれています

    費用 <一般通信コース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:264,512

     

    <通学コース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・教育充実費 120,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:384,512

     

    <専門チャレンジコース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・教育充実費 120,000

    ・進路、進学充実費 170,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:554,512

     

    <専門コース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・教育充実費 120,000

    ・キャリア教育充実費 320,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:704,512

    学習方法 ・週に15日制

    ・週に35日制

    ・自学制

    ※コースによって異なります

    TEL 0120-953-979
    サイトURL https://www.hchs.ed.jp/

    8位:翔洋学園高等学校

    翔洋学園高等学校は、自由や自主性を重んじる校風を取り入れており、人間の心身の健康はもちろん、学ぶ力や未来に向かっていける力を自分で育てられるようにしています。

    多様な学習スタイルを取り入れており、校舎を出て見学や実習を行う『校外実習』、決められた場所で自習や授業を受けることができる『スクーリング』、インターネットを使用して出来る『メディア学習』になります。

    このどれかの方法を選択しながら勉学に励むことができるので、自分のやりやすい形というものは見えてくるでしょう。

    人間関係や将来に不安を感じることがあれば、スクールカウンセラーのもと、相談をして解決にも導いてくれるので、頑張りすぎたりすることもありません。

    コース ・ビューティー、ファッション

    ・声優、K-POP、ミュージック

    ・マンガ、イラスト、アニメ

    ・ゲーム、IT、プログラミング

    ・デザイン、クリエイティブ

    ・スポーツ

    ・ブライダル、ホテル

    ・大学進学、語学、資格

    ・保育、動物、その他

     

    ※各コース内で更に詳しく学科が分かれています

    費用 <一般通信コース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:264,512

     

    <通学コース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・教育充実費 120,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:384,512

     

    <専門チャレンジコース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・教育充実費 120,000

    ・進路、進学充実費 170,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:554,512

     

    <専門コース>

    ・入学金 10,000

    ・授業料 288,000

    ・施設費 60,000

    ・教材学習費 32,000

    ・教育充実費 120,000

    ・キャリア教育充実費 320,000

    ・就学支援金 -115,488

    合計:704,512

    学習方法 ・週に15日制

    ・週に35日制

    ・自学制

    ※コースによって異なります

    TEL 0120-953-979
    サイトURL https://www.hchs.ed.jp/

    9位:鹿島学園高等学校

    鹿島学園は、全日制の学校が運営している通信制高校になります。

    様々なコースがあることや進学に力を入れることも可能で、学習方法も幅広く存在しているので、自分に合った形を見つけられるでしょう。

    学寮もあり、通学には少し不便だという人はこの寮生活を選択することも可能です。

    寮を選択した場合には、バランスの良い食事や充実した共用設備、管理人がいるので親も安心できます。

    学校行事も盛んで、修学旅行はもちろん、他にも演劇鑑賞や地域イベントの参加、校外活動、スケートなど幅広く楽しむこともできるでしょう。

    コース ・大学進学コース

    ・ダンス、芸能、声優コース

    ・スポーツコース

    ・ネイル、メイク、美容コース

    ・アニメ、マンガ、ゲームコース

    ・音楽コース

    ・ファッション、デザイナー、アートコース

    eスポーツコース

    ・ペットコース

    ITコース

    ・保育、福祉コース

    ・製菓、製パンコース

    ・スキルアップコース

    ・海外留学コース

    費用 ・入学金 50,000

    ・授業料 175,000

    ・施設費 24,000

    ・諸経費 5,000

    学習方法 ・週25日制

    ・週1日制

    ・自宅学習制

    ・個人指導制

    ・家庭教師制

    ・ネット指導制

    ・全寮制

    TEL 029-846-3212

    050-3656-3865

    サイトURL https://www.kg-school.net/gakuen/

    10位:飛鳥未来高等学校

    飛鳥未来高等学校は、

    • 自分に合った通学スタイルを選ぶ
    • 好きなことを学ぶ多彩なコース
    • 参加自由の選べる学校行事
    • 教員のサポート
    • 進路決定率が高い
    • 学費負担が少ない

    という6つの特徴を持っています。

    自分に合った学習方法や参加自由の選べる学校行事に関しては、他の人と交流を持つことが嫌いだという人や、苦手意識を持つ人にはおすすめでしょう。

    また、コースの中にあるトライアルレッスンというのは、スポーツや趣味、ブライダルやネットなどのスペシャリストなどがあり、そのコースの中から自分の好きなものを一つ選んで毎回参加できます。

    興味はあるけれど、どのようなことか分からないという人には、これから自分を探す上では、最高のサポートシステムと言えるでしょう。

    コース ・ベーシックスタイル

    ・スタンダードスタイル

    3DAYスタイル

    5DAYスタイル

    ・全日総合スタイル

    ・選べるコース

    ・美容師免許取得コース

    ・トライアルレッスン

    費用 ・入学金 20,000

    ・授業料 324,000

    ・教材費 15,000

    ・施設費 60,000

    ・諸経費 50,000

    学習方法 ・自由登校制

    ・クラス制3

    ・クラス制5

    ・全日制

    TEL 0743-61-0031
    サイトURL https://www.sanko.ac.jp/asuka-mirai/

    通信制高校に通って進学や夢を掴もう!

    通信制高校を選択する人は様々な理由を抱えており、その中には自分の夢を叶えるためという人もいれば、メンタル面で落ち込んでいるという人もいるでしょう。

    しかし、通信制高校のメリット面はそのような人たちも安心して通えるよう、どこの学校もサポートをしてくれるということです。

    社会へ羽ばたく際に、少しでも不安や恐怖を抱かないように学校を始め、先生方も親身になってくれるでしょう。

    自分に合う学校を見つけるためにもどのような目的や夢を持つかで変わってくるので、ぜひ参考にして頂き、自分に合う学校を見つけてください。

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる