ビジネス英会話を独学で習得する4つのステップをご紹介!

ビジネス英会話を独学で習得する4つのステップをご紹介!

仕事で英語を必要とする場合は、日常英会話だけでなく「ビジネス向けの英会話」も習得できると安心です。

本格的に学びたい場合は語学スクールでの学習がおすすめですが、なかには「忙しくて通う時間がない」「なるべく費用を抑えて身につけたい」などの理由で独学での学習をお考えの方もいることでしょう。

そこで、今回はビジネス英会話を独学で習得するコツをまとめました。

独学する前の準備や効率的に学習を進めるためのステップについて解説しながら、役立つアプリやオンライン英会話のおすすめサービスもご紹介します。

目次

そもそもビジネス英会話とは?

ビジネス英会話を独学で学ぶ前に、まずは「ビジネス英会話の定義」についてしっかりと把握しておきましょう。

ビジネス英会話とは、基本的に「相手に失礼のない表現」のことを言います。

たとえば「Can you~?」ではなく「Could you~?」を使う、「want to」ではなく「would like to」を使うなど、丁寧な言い回しを用いるケースが一般的です。

また、ビジネスに関する専門用語が頻出しやすいことも、日常英会話とは異なる特徴です。

さらには関係代名詞が連続して出てくるなど、文章が複雑な構造になりやすい傾向も見られます。

ビジネス英会話を独学で習得するために実践したい3つの準備

ビジネス英会話は独学でも習得可能ですが、実は「独学では途中で挫折しやすい」とも言われています。

しっかりとモチベーションをキープしつつ着実にステップアップできるように、まずは以下でご紹介する3つの準備を始めてみてはいかがでしょうか。

1.明確な目標を設定する

初めに、ビジネス英会話の習得に向けた「明確な目標」を設定しましょう。

目標を設定する際には「SMARTの法則」を意識すると、レベルアップや達成感を実感しながら学習を進められます。

SMARTの法則
  • Specific(明確な):誰が見ても明確な目標を設定する
  • Measurable(測定可能な):目標に具体的な数字を入れる
  • Achievable(達成可能な):努力すれば達成可能な目標を設定する
  • Relevant (関連性がある):自分のメリットに関連する目標を設定する
  • Time-bound (期限のある):目標達成までの期限を明確に定める

上記をもとにして、たとえば「3カ月後に予定している海外マネジャーとの会議では、最低でも3回は発言をして自分のことを印象づける」というような明確な目標を定めることがポイントです。

目標が決まったらその内容を紙に書き、いつも目に触れるようにしておくとより意識を高められます。

2.日常英会話を習得する

ビジネス英会話は日常英会話とは異なるものの、そもそものベースは日常英会話です。

日常会話が可能なレベルの英語力を持っていれば、ビジネス会話をマスターすることはそれほど難しくはありません。

そのため、まずはしっかりと日常英会話を身につけることに尽力するとよいでしょう。

挨拶や自己紹介、質問の仕方、会話の進め方など、基本的な会話力を習得できると効率的にビジネス英会話の学習を進められます。

3.アウトプットする場所も探しておく

ビジネス英会話を学習するうえで、リスニング力に関しては独学でも習得しやすい傾向があります。

しかし、ビジネスシーンにおいては自分の意見を伝えることも重要なので、覚えた表現をアウトプットできる場所を探しておくことが大切です。

そこで、ぜひ音声付きの教材を用意し、音声を聞いたあとすぐに復唱する「シャドーイング」を取り入れるとよいでしょう。

また、オンライン英会話を利用するなど、実際にネイティブの人と会話する機会を設ける方法もおすすめです。

ビジネス英会話を独学で習得する4つのステップ

上記でご紹介した準備が整ったら、いよいよ独学によるビジネス英会話学習をスタートしましょう。

以下のステップを参考に、一歩一歩着実にレベルアップを目指すことをおすすめします。

(ステップその1)ビジネスシーンで頻出の単語を覚える

まずは、ビジネスシーンで頻出する単語を覚えることから始めてみましょう。

単語の意味がわからなければ、相手の言っていることを理解することはもちろん自分の主張を相手に伝えることもできないためです。

単語学習の際はビジネス英会話向けの単語帳を使用するのもいいですが、単語アプリなどでスキマ時間に学習する方法を取り入れてもよいでしょう。

大量のビジネス単語を覚えるには根気が必要なので、ご自身に合った方法を探してみてください。

(ステップその2)ビジネスシーンで頻出のフレーズを覚える

ある程度ビジネス会話向けの単語を覚えたら、次にビジネスにおいて頻出するフレーズを覚えていきます。

まずはご自身のビジネスシーンで使うことの多いフレーズを日本語で書き出し、それを英語に訳したうえで覚える方法がおすすめです。

(ステップその3)覚えた単語やフレーズを使って文章を書く・話す

ビジネス英会話向けの単語やフレーズを覚えたら、単語を入れ替えて文章を作る作業を行うとより効果的です。

そうすることでシチュエーションに合わせて瞬時にフレーズを作れるようになり、素早い応対を求められるビジネスシーンにおける対応力がぐんと高まります。

(ステップその4)実践で使用する

学習が進んでビジネス英会話向けの単語やフレーズが身についてきたら、実際にネイティブとの会話のなかで使用してみましょう。

もしも日常のなかでネイティブと話すチャンスがない場合には、費用を抑えて気軽に会話の場を得られる「オンライン英会話」がおすすめです。

無料で利用可能!独学でビジネス英会話を学ぶ際におすすめしたいアプリ3選

ここでは、忙しいなかでもスキマ時間に学習できる「無料のスマホアプリ」を3つピックアップしました。

どのアプリもビジネス英会話向けのコンテンツが充実しているため、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ビジネス英会話

「ビジネス英会話」は、その名の通りビジネス英会話に特化したコンテンツが揃っている無料アプリです。

挨拶・自己紹介などの「日常業務」や質問する・依頼するなどの「基本表現」はもちろん、メール・電話などの「シーン別」や「職種別」、「業種別」の5つのカテゴリーに分かれており、ご自身に適したビジネス英会話フレーズを効率的に学習できます。

ひとつひとつの頻出フレーズには丁寧な解説が付いており、さらには学習したフレーズを確認できるテスト機能がある点も魅力です。

アプリ選びに迷ったら、「ビジネス英会話」をダウンロードしておいて損はないでしょう。

mikan

「mikan」は、単語力を高めたい方におすすめしたい無料アプリです。

20,000単語以上が搭載されており、TOEICやTOEFL、英検といった目的に合わせて学習できるシステムとなっています。

具体的には4択クイズ形式で単語を学習するスタイルで、不正解だった単語は繰り返し復習することが可能です。

正しい発音も覚えられるため、ぜひビジネス英会話のボキャブラリー強化に利用されるとよいでしょう。

POLYGLOTS

「POLYGLOTS」は、英単語・リスニング・リーディング・文法・スピーキング・ライティングの6つの分野を総合的に学習できる無料アプリです。

たとえばリーディングの分野においては世界の最新ニュース記事を採用しており、わからない単語をタップすると和訳が出てくるなどスムーズに理解しやすい工夫がされています。

ニュースにはビジネス関連の単語やビジネス英会話に頻出する文法がたくさん出てくるため、ぜひ毎日目を通すように心がけるとよいでしょう。

ちなみに日本マーケティングリサーチ機構による「英語学習アプリ」の調査では、「英語能力の向上を実感できる英語学習アプリ第1位」「継続しやすい英語学習アプリ第1位」「英語学習アプリユーザー満足度第1位」に3年連続で選ばれています。

自宅で気軽にアウトプット!オンライン英会話のおすすめ3選

続いては、覚えた単語やフレーズのアウトプットに最適な「オンライン英会話」を3つご紹介します。

それぞれの特徴をチェックして、ぜひご自宅での学習に取り入れてみてください。

レアジョブ英会話

「レアジョブ英会話」は、webブラウザまたはアプリで講師とのマンツーマンレッスンを受けられるオンライン英会話です。

レッスン内で使用する教材は5,000種類以上用意されており、ビジネス英会話向けの教材も多数揃っています。

講師は全員フィリピン在住で、6,000人以上が在籍しているためスケジュールや好みに合う講師を見つけやすいでしょう。

ちなみに、「ビジネス英会話コース」を選ぶと特別な訓練を受けた認定講師によるレッスンを受講でき、ビジネスに特化した英語力を効率的に身につけられます。

レッスン可能な時間帯 6002500
1回のレッスン時間 25
受講料の例 ビジネス英会話コース:月額10,780円(税込)

※毎日1レッスン受講可能

特徴 ・費用を抑えて受講できる

イード・アワード2020「オンライン英会話」にて最優秀賞を受賞

さらに「レッスン時間帯が充実しているオンライン英会話」「予約の取りやすいオンライン英会話」「コスパがよいオンライン英会話」部門賞も受賞

公式サイト https://www.rarejob.com/

Berlitz BVC (ベルリッツ・バーチャル・クラスルーム)

「Berlitz BVC」は、語学スクールを運営するベルリッツが提供しているオンライン英会話です。

ネット英会話を指導する特別訓練を受けた講師のみが対応しており、ビジネス英会話に特化したレッスンも受講できます。

特に注目したいポイントが、実際のシーンを想定したロールプレイングによって実践力を高められること。

1レッスンあたりの費用は高めですが、本格的にビジネス英会話をマスターしたい方にはおすすめのサービスです。

レッスン可能な時間帯 5002410
1回のレッスン時間 40
受講料の例 1レッスン5,000円~7,000円台
特徴 ・ビジネスシーンにおける実践的な英語力を強化できる

イード・アワード2020「オンライン英会話」にて「効果があるオンライン英会話」部門賞受賞

公式サイト https://www.berlitz.com/ja-jp/languages/english/online

イーオン・オンラインレッスン

「イーオン・オンラインレッスン」は、英会話スクールを運営するイーオンが手がけるオンライン英会話です。

マンツーマンのプライベートレッスンをはじめ電話でのテレフォンレッスンやオンラインライティングコースなどさまざまな種類があり、目的に合わせてコースを選べるシステムとなっています。

たとえばプライベートレッスンの「ビジネス英会話コース」では、ご自身のレベルやビジネスシーンに合った表現や文法、ボキャブラリーを学習することが可能です。

回数制での契約となっており、ご自身のライフスタイルに合わせて無理なくレッスンを受講できます。

レッスン可能な時間帯 平日 12002400

土曜 10001500

日曜 20002400

1回のレッスン時間 20
受講料の例 10回コース:26,400円(税込)

※有効期限3カ月

特徴 ・自分に合ったコースが見つかりやすい

イード・アワード2020「オンライン英会話」にて「講師がよいオンライン英会話」「操作性がよいオンライン英会話」「サポートがよいオンライン英会話」部門賞受賞

公式サイト https://www.aeonet.co.jp/online/

毎日の継続でビジネス英会話を効率的に習得しよう

ビジネス英会話を独学で習得するためには、まずは明確な目標設定を行うことが大切です。

そして日常英会話をしっかりとマスターすること、さらには覚えたビジネス英会話をアウトプットする場所を設けることによって、実践的なビジネス英会話をスムーズに身につけられます。

ぜひここでご紹介したアプリやオンライン英会話も活用しながら、独学でのビジネス英会話学習を効率的に進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる