部活動、スマホがコーチ!?新システムをソフトバンクと筑波大が開発

みなさんは『AIスマートコーチ』をご存知ですか?携帯会社大手のソフトバンクと筑波大学が共同で開発・提供している、コーチや場合によってはトップ選手から指導を受けることのできるスマホアプリを用いた新たなサービスです。今回はそんな『AIスマートコーチ』についてご紹介します!

目次

AIスマートコーチとは

最近ではプロ野球選手がYouTubeでメジャーリーガーのピッチング動画を見て参考にするなど、スポーツの練習とスマホ、タブレットがかなり近いものになってきていますよね。

「動画で学ぶ、比較する、振り返る」を通じてスポーツのスキル向上をサポートしてくれるAIスマートコーチは、iPhoneかiPadで利用することができます。インターネットに繋ぐことができればどこでも利用することができるため、指導機会の地域格差を小さくすることが期待されています。

真似してみて比較することで自身の取り組むべきレッスンポイントを可視化することができるので、見て学ぶことはYouTubeと近しいものがありそうです。

YouTubeとの違いは?

ただ動画を見て、解説を聞いて真似をするだけなら、YouTubeなどの動画配信サイトだけでも十分そうですが、AIスマートコーチはさらに利便性が上がっています。それが【比較モード】と【練習メニュー動画】です。

比較モード

お手本動画や自分で用意したものを元に、2つの動画を並べて再生できるほか、骨格解析や気になる場面はペン入れ機能・保存も可能です。ただ見て真似するだけでなく、実際にやってみて、それがお手本とどのくらい差異があるのかを正確に把握することが可能です。

練習メニュー動画

テーマ毎に、部活動や自主練習等の様々な場面で活用できる練習メニュー動画を視聴できます。

現在公開している種目は?

現在は、

  • 野球
  • サッカー
  • バスケットボール
  • ダンス

が公開されており、今後拡大していく予定とのことです。

利用料金はタダ!?

このAIスマートコーチは、ソフトバンクユーザーでなくてもアプリをダウンロードすれば、通信料だけで利用することができます。ただし、現状対応しているのがiPhone、iPadのみです。Androidのスマホを使用している方は、まだ利用できないのでご注意ください。

パーソナルな指導を受けたい場合は有料版!

さらに細かい指導を専門の方から受けたい場合は、有料会員『スマートコーチ』を利用しましょう。

スマートコーチとは

元プロスポーツ選手やアスリートなど、知識や経験が豊富な専門コーチからスマートフォンやタブレットを使って気軽にプライベートレッスンやグループレッスン、リアルタイムのライブレッスンを受けることができます。

コーチと課題を共有し、チャットや動画のやり取りでユーザーに合ったアドバイスをしてくれます。自宅で練習してコーチへ動画を送信すると、コーチがペンや音声で動画を添削してくれんだとか!様々な種目の専門家がチャットも用いて、かなり細かく指導してくれるのは有難いですよね。

料金や支払い方法について

気になる料金設定については、種目によって異なるようです(月額料金、または都度払い)。また支払い方法は、今のところVISAカードかMasterCardのどちらかのみとなっているようです。

まとめ

今回はソフトバンクと筑波大学が共同提供している無料サービス『AIスマートコーチ』と有料サービス『スマートコーチ』についてご紹介してきました。現役のプロスポーツ選手でも動画配信サイトを見て研究している現在において、動画を見るだけでなく添削までもしてもらえるのは非常にメリットが多いように感じられます。

まだリリースされたばかりで、内容もこれから充実していくと思われます。今後、シーズンオフのトッププロが1人でも多く動画に登場してくれると利用者も増えていきそうな予感がしました。どのように発展していくのか注視していきたいと思います!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる