今話題の「ブロックチェーンゲーム」とは?基本的な知識を学ぼう!

今話題の「ブロックチェーンゲーム」とは?基本的な知識を学ぼう!

目次

「ブロックチェーンゲーム」とは?

ブロックチェーンゲームとは、ブロックチェーン技術を使ったゲームのことです。これらのブロックチェーンゲームは通常のオンラインゲームとは違い、プレイヤーのアセット(個人や企業が所有する、その価値が定量的または定性的に評価され得るもの)がブロックチェーン上に保存されているものをいいます。

ブロックチェーンのゲーム内では、アイテムやキャラクターに至るまで、NFT(非代替性トークン)を使用しています。その使用されているNFTを利用し、NFTの売買をしたり仮想通貨に変換、出金して法定通貨に換金することで利益を出すことができるということです。

そもそも「ブロックチェーン」とは?

そもそもブロックチェーンとは、一言で言えば「分散型データベース技術を使った不可書換で安全なデータの管理・記録の方法」です。

ブロックチェーンでは、ネットワーク内で発生した取引の情報を「ブロック」と呼ばれる「箱」に入れます。ブロックと呼ばれる、その箱の中に取引情報と一緒に「ハッシュ値」と呼ばれる一つ前に生成された情報が入ります。このブロックが時系列に沿って繋がっていくデータの構造がチェーンのようで「ブロックチェーン」と呼ばれる理由のようです。

この技術があるからこそ改ざんされることがなく、ブロックチェーンゲーム上に価値が生まれるのでしょう。

ハッシュ値とは?

ハッシュ計算により算出された一定の情報をコンパクトにまとめるデータのことで、内容が少しでも変わってしまうと違ったハッシュ値に変わってしまいます。仮に過去のブロックを改ざんしようとした場合、その前のブロック、その前の前のブロック・・・と永遠に改ざんしていかなくてはいけなくなり、現実的に難しいことから安全なデータ管理構造を有していると言われています。

ブロックチェーンゲームにおけるNFT(Non-Fungible Token)

「ブロックチェーンゲーム内のアイテムやキャラクターに至るまでNFTを使用しています」と上記で記述していますが、NFTとは?と思った方も少なくないかもしれません。

NFTとは、Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)といわれる、簡単に言えば「替えのきかない唯一のもの」です。

例えば有名な絵画でもコピーされた偽物といわれるものがあると思います。そんな中、本物の絵画は何らかの証明によって本物とされています。それと同じようにデジタルデータにも唯一である証明をつける技術のことです。つまり、デジタルな画像やアイテムデータなどにシリアルナンバーのようなものをつけて、唯一のものという証明をつけることで価値を生み出すということです。それを可能にするのがブロックチェーンなのです。

ブロックチェーンゲーム「STEPN」

ブロックチェーンゲームも色々種類がありますが、2022年に話題になっていたゲームがあります。それが「STEPN」です。

ブロックチェーンゲームアワード2022年最優秀賞にも選ばれており、ウォーキングをすることによって仮想通貨を稼ぐことができるという「Move to Earn」と呼ばれるジャンルのNFTゲームです。NFTスニーカーを購入してウォーキングをすることで、グリーンサトシトークン(GST)という報酬がもらえるという仕組みです。従来のアプリゲームのように、ただアプリをダウンロードするだけでは始めることができないので、興味がある方は調べてみてはどうでしょうか。

Move to Earn(M2E)とは?

動いて稼げるという仕組みで、その仕組みを取り入れたジャンルを指します。

まとめ

いかがだったでしょうか?ブロックチェーン技術はまだまだ発展途上のため、問題も数多くあります。事前に内容を理解しておかないと大きな金額がなくなることもあるので、正しく理解した上で楽しみましょう。

ブロックチェーンゲームアワードなども開催され話題となっているブロックチェーンゲームですが、まだまだ色々な可能性を秘めています。私たちが小さい頃はただ楽しむための娯楽だったゲームも、今ではお金を稼ぐための一つの手段になっていると思うと技術の進歩に驚きを隠せません。

ブロックチェーンゲーム、NFTなど、これからも進化し続ける「Web3.0」と呼ばれる時代と共に楽しんでいけたらと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次