カジノ法案(IR推進法案)とは?日本初のカジノはいつどこにできる?

「カジノ法案(IR推進法)」という言葉を聞いたことがありますか?カジノ 日本初ができるのでは?とニュースなどで取り上げられているけど、どのような内容なのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、近年話題となっている「カジノ法案(IR推進法)」について簡単に説明していきます!

目次

カジノ法案(IR推進法案)とは?

「カジノ法案(IR推進法)」とは、カジノを含む総合型リゾート(IR)を作り、観光客を呼び込むことによって財政難を回復させるために考案された法案です。総合型リゾートにはカジノだけではなく、ホテルやショッピングモール、アミューズメントパークや映画館などが含まれています。

カジノ法案と呼ばれているので、カジノをつくるための法案と思いがちですが、あくまでもカジノは総合型リゾートに含まれている娯楽施設の一つとなっています。

大人から子どもまで楽しめる観光リゾート地に日本 カジノが誕生すると考えると、今からワクワクしてしまいますね!今からポーカー ルールや、ポーカー 役を覚えて、カジノの開業までに備えておきましょう(笑)

気になる日本初のカジノは?

カジノを含んだ総合型リゾートの開業が許可されるのは、全国で3か所と決められています。そのため、2022年現在、全国の自治体がIR誘致をそれぞれ積極的にアピールしています。カジノゲームが好きな方は、自分が住んでいる自治体の近くに決まるか気になりますよね。候補地が決まるのは2022年〜2023年と言われているので、今後の続報を待ちましょう。

2022年現在の有力候補地

現在、IR誘致の有力な候補地として挙げられるのは、関西空港を持ち、海外からの集客が見込める「大阪」と、カジノ法案設立当初から熱心に誘致活動を行ってきている「長崎」です。

長崎に関しては、ハウステンボスの敷地の一部にカジノを含む総合型リゾートを追加することに合意を得ているため、実現する可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

カジノがオープンするのはいつ?

当初の予定では、2025年頃の開業を検討していましたが、新型コロナウィルスの影響から計画は予定より大きく遅れてしまっています。現在では、2027年頃の開業が有力視されているようです。日本初のカジノ導入ということから、治安の悪化やギャンブル依存症への対策など、課題はたくさんあるようです。

まとめ

今まで日本で長らく禁止されてきたカジノ。日本国内でも合法でカジノが楽しめるとなると、期待が止まりません!総合型リゾートが日本に誕生した際には、海外から観光に来られる方も増え、街中で英語で話しかけられることが当たり前になるような日が来ることも近いかもしれませんね!お住まいの地域の近くにカジノが誕生することを願って、正式な発表までもう少し待ってみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる