【春ドラマ】4月開始の気になる新ドラマ 5選

4月には新番組や新ドラマが続々と放送開始となりましたね。今回は注目の4月ドラマの中から、特におすすめの作品を5つご紹介します。原作やキャスト情報、見どころも詳しくまとめました!

目次

恋なんて、本気でやってどうするの?

まずご紹介するのは、松村北斗 広瀬アリス出演の恋愛ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」です。毎週月曜22時より、関西テレビで放送されます。

あらすじ

恋愛なんて究極の無駄遣い、と豪語するヒロイン・桜沢純(広瀬アリス)はアラサーの洋食器デザイナー。フレンチビストロのイケメンギャルソン・長峰柊磨(松村北斗)に出会っても、眼中にないとバッサリ。しかし、シンガポールへの転勤から帰国してきた先輩・坂入拓人(古川雄大)からの言葉に傷ついた純は、柊磨からかけられた言葉にドキッとさせられて・・・。

みどころ

恋に本気になれない6人の男女が徐々に「本気の恋」に落ちていくさまが描かれる胸キュンドラマ。広瀬アリス演じる、恋に不器用なヒロインが、どんな恋愛を経験していくのかが楽しみですね。さらに、あいみょんが初恋の切なさと純粋さを高らかに歌いあげる、主題歌「初恋が泣いている」も必見です。

元彼の遺言状

フジテレビで放送される月9は綾瀬はるか主演のミステリー「元彼の遺言状」です。原作は新川帆立による同名小説で、2021年「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞しています。

あらすじ

主人公・剣持麗子は大手法律事務所で働く、敏腕弁護士。お金と勝ちにこだわり、周りに忖度せず突き進む麗子は、顧客からのクレームにより会社からボーナスカットを言い渡されます。処遇に憤慨し、「事務所をやめてやる!」と啖呵を切ってかつての知り合いに連絡を取る中、元彼・森川栄治(生田斗真)の訃報が届き・・・。

みどころ

元彼の残した奇妙な遺言状をもとに、偶然出会った男・篠田敬太郎(大泉洋)とタッグを組んだ麗子はさまざまな殺人事件に巻き込まれていくというストーリー。綾瀬はるか、大泉洋という豪華なキャスティングには期待が高まりますね。強引で猪突猛進な麗子の痛快さに、元気をもらえるところも見どころです。

ちむどんどん

今期のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」は、沖縄本土復帰50年の節目として、沖縄県を舞台とした物語となっています。ヒロイン・比嘉暢子役を演じるのは、沖縄県出身の実力派女優・黒島結菜。マッサン(2014年)、花燃ゆ(2015年)、いだてん(2019年)など多数のNHKドラマに出演しています。

あらすじ

1964年、沖縄県北部のやんばる地域で暮らす暢子はお転婆な女の子。サトウキビ農家のもとに四人兄妹の次女として産まれ、貧しいながらも明るく過ごしています。成長して東京で働き始めた暢子は、遠く離れて暮らす家族に励まされて、やがて沖縄料理の店を開くことになります。

みどころ

朝ドラ 2022は、四兄妹の絆やふるさとをを思う美しい物語。朝のひと時にぴったりのドラマとなるでしょう!

金田一少年の事件簿

1995年に初めて連続ドラマ化された「金田一少年の事件簿」。日本テレビにて、毎週日曜22時より放送中です。今回のシリーズで主人公の天才高校生探偵・金田一一を演じるのは、なにわ男子 道枝駿佑。初代の堂本剛から、松本潤、亀梨和也、山田涼介に続いて5代目となります。

みどころ

今年で連載開始から30周年を迎える原作漫画。今回のシリーズでは、数多くの話数の中から選りすぐりのエピソードを厳選して再構築されています。また、連続ドラマの単独主演は初めてとなる道枝駿佑は、今作への出演を長年希望していたそうです。熱意のこもった演技が楽しみですね!

正直不動産

NHKで毎週火曜22時から放送中の「正直不動産」。大谷アキラ(漫画) 、夏原武(原案) 、水野光博(脚本)の3人が紡ぐ漫画が原作となっています。

みどころ

顧客と業者の情報格差が大きな不動産業界。その実態について切り込んだ作品として大ヒットした漫画が、待望の連続ドラマ化です。主演の山下智久のほか、福原遥、市原隼人、草刈正雄、大地真央など実力派俳優がそろっているのも、見どころの1つ。連続ドラマヒット作品の主演を務めてきた山下智久のコミカルな演技や、パリッと着こなしたスーツ姿もポイントです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる